TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOME診断別・年齢別の特徴まとめADHD(注意欠如多動性障害)

ADHD(注意欠如多動性障害)

子どものADHD(注意欠如多動性障害)についての解説ページです。大人のADHDについては当社大人向けサービスのウェブサイトリンク をご覧ください。

ADHD 主な特徴 チェックリスト

ADHD

  • 好奇心旺盛。注意が散りやすく忘れ物がが多く片付けができない。
  • おっとりしている。ぼーっとして話を聞いていないようにみられる。
  • 活発で元気。着席は苦手で落ち着きがない。
  • 行動力がある。衝動性が抑えられず、突発的な行動が多い。

ADHD(注意欠如多動性障害)はその名の通り不注意さや多動性、衝動性が特徴とされます。特に幼少時は身体の多動性もありますが、年齢が高くなるにつれて頭の多動性が課題になりがちです。男性と女性の出方も違うことが多めです。抽象的に説明すると、気持ち・注意・関心・行動の自律的な制御が苦手なタイプとなります。

ここがポイント

①”不注意”タイプ と ”多動・衝動”タイプ

不注意さが強くでる人、多動性が強くでる人、その両方がでる人など、同じくADHDと診断されたとしてもそのタイプは様々です。(以前は不注意優勢型と多動衝動性優勢型、混合型という分類分けがされていましたが、現在は廃止されています)

一般的には女性に不注意傾向の方が、男性に多動傾向の方が多いとされています。このため、物忘れなどはひどいものの、多動性はなくむしろおっとりしたタイプというのも十分にあり得ます。

また年齢によってタイプが変わっていく可能性もあります。特に不注意が強くでるタイプは幼少期に気づかれず、大人になってから診断を受ける場合もあります。

②感情のコントロールが難しい

ADHDの衝動性が強いタイプは、気持ちのコントロールが特に苦手です。叱れば直ちに改善されるという類のものではありません。まずは気持ちを落ち着かせ、冷静になってからなぜ気持ちが高ぶってしまったのか、どうしたらそのようにならないかを、周囲の大人が一緒になってご本人に考えさせる必要があります。甘やかすのではなく、適切な対応が必要というわけです。

感情のコントロールの練習をする際にはマイナスの感情(怒りや悲しみ)からではなくプラスの感情(喜びや楽しみ)から練習していくとよいでしょう。どんな感情でも、トレーニング次第では自分の力で興奮状態から落ちつくことができる、という実感を得ることが有効です。

また、適切な対応がとられていれば衝動性は年齢とともに落ち着いていく場合が多いことがわかっています。周囲の大人たちが寛容に見守りつつ根気よく指導を続けてあげることが重要です。

③ADHD向けの薬は コンサータ・ストラテラ・インチュニブの3種類 

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)やLD(学習障害)などの他の発達障害の特徴と異なり、Aコンサータ・ストラテラ・インチュニブの3種類が認可されています。

詳細▶▶▶ADHD治療薬を図表を交えて解説します

インチュニブってどんな薬ですか?

ページトップへ