TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMETEENSとは発達障害のある子のための放課後等デイサービス

発達障害のある子のための放課後等デイサービス

発達障害児の”自立”をサポートする放課後等デイサービス

TEENSは発達障害のある方の就労支援を行う株式会社Kaienの教育事業ブランドです。発達障害のある小中高生向けの福祉サービス(放課後等デイサービス・児童発達支援)を運営をしています。

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)やADHD(注意欠如多動性障害)、LD(学習障害)など様々な特性のあるお子様の「はたらく力」を育てるための専門プログラムを提供します。

about_teens_img01

 

福祉サービス事業所(放課後等デイサービス・児童発達支援)は7カ所の直営店(東京、神奈川)が首都圏で、当社プログラムを採用しているパートナーシップ導入事業所が全国で展開中です。ご利用希望の方は、ご利用説明会または体験セッションにご参加ください。

ご利用説明会

無料 体験セッション

こんなお子様におすすめです

困り感が見えづらい。その分理解されにくく、特別な支援を受けられない。”グレーゾーン”と呼ばれるような状態だが、実は障害特性からくるつまづきが見られ、将来への不安を抱えている…。TEENSでは、そんな発達障害のある小学生から高校生までのお子様のためのプログラムをご用意しています。

【参考】「はたらく力」を育むTEENSメソッド

どんなプログラムがあるの?

TEENSでは、平日に学習支援、休日にお仕事体験のプログラムを実施しています。

学習支援では個別セッションの中で学習を通して計画立てやコミュニケーションを指導します。お仕事体験では疑似職場で集団セッションを行い、就労準備性を育みます。

【参考】より専門的な学習指導を受けたい方のために『発達障害専門塾 まなびTEENS』

利用しているお子様の声

「ひとりではできなかった宿題のサポートをしてもらえる!」 小学校5年生のお子様の場合 

平日に週2回、学習支援を利用しています。TEENSでは主に宿題に取り組んでいます。勉強が嫌いで、締め切りまでに宿題を出せたことがほとんどありませんでした。TEENSでは勉強だけでなく、「どういう優先順位で取り組めばいいのか」を教えてもらえ、宿題や課題を期限までに出せるようになりました。また、勉強はモニターを使って目で見て分かりやすいように解説してもらえるので、頭に入りやすいです。

【参考】個別指導で学習のサポート 学習支援

「お仕事体験を通じて報連相の練習ができました」 中学1年生のお子様の場合

日曜日のお仕事体験を利用しています。おしゃべりが苦手で学校のお友達の会話について行かれず悩んでいました。TEENSのお仕事体験では、ネットショップの裏方のお仕事など、遊びではないリアルなお仕事を体験しながら、コミュニケーションや段取りなど、お仕事に必要な力を学ぶことができます。始めは自分から話ができなかった私ですが、上司役のスタッフさんへの質問や報告の練習から始め、今では同年代の人たちと役割分担して相談しながらお仕事を進められるようになりました。

【参考】疑似職場で社会性を育む お仕事体験

「勉強だけでなく、パソコンスキルも習得できるのが嬉しいです」 高校3年生のお子様の場合

平日に2回の学習支援と、土曜日に月2回、お仕事体験を利用しています。推薦入試での大学合格を目指して勉強中です。普段の学習支援では、勉強を自立的に進めるにはどうすればよいのかを教わりながら自分のペースで勉強に取り組んでいますが、定期テスト期間には効率よく点数をとるためにスタッフの人に指導してもらい自習時間を合せて3時間以上利用をしています。今までこういった福祉施設を使うのは好きではなかったのですが、TEENSは大人っぽい雰囲気があるので気に行っています。最近は推薦入試に向けた面談練習も始めました。お仕事体験ではパソコンを使う専門コースに参加し、ExcelやWordなどビジネスで使えるパソコンスキルの習得を目指しています

ご利用のご検討の際には 

体験セッション

放課後等デイサービスTEENSをご利用を希望される際は、必ず体験セッションをお受けいただく必要がございます。

無料 体験セッション

利用説明会お申込みフォーム

1カ月に一度程度、利用説明会を開催しています。ご希望の方は以下よりお申込みください。

利用説明会 お申込みフォーム

 

関連ページへのリンク

 

ページトップへ