TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOME学習支援TEENS訪問支援 | 発達障害の子どもたちのための合理的配慮サポート

TEENS訪問支援 | 発達障害の子どもたちのための合理的配慮サポート

発達障害の子どもたちの学ぶ権利を保障するための『合理的配慮』

文章を読む、文字を手書きする、計算する、人が大勢いる場所で集中する…など、学習の場面でカベにぶつかりがちな発達障害の子どもたちがフェアな環境で挑戦するためのサポートをします。

サポートの流れ

ご利用契約後、以下のような流れで進めます
①ご本人・保護者へのヒアリング(ニーズの聞き取り)
②学校などの連携機関とすり合わせ
③実際の導入に向けてご本人・保護者・連携機関をサポート

サポート期間は3~6カ月程度を想定しています。延長やモニタリングが必要な場合には別途ご相談に応じます。

対象・サポート 例

発達障害のある小学生・中学生・高校生

  • ディスレクシア(読み書き障害)の中学生 ▶ タブレットの利用ルール決め・学校への交渉・授業時の導入サポート
  • 協調性運動障害のため長文を書くことが苦手な高校生 ▶ 作文課題などをタイピングで作成できるよう学校へ交渉
  • ASD(自閉症スペクトラム)の小学生 ▶ 不安時やテストなどの緊張状態のときに、エスケープできる別室確保について学校へ交渉

ご利用料金

1,000円/回 程度

※TEENS訪問支援は「保育所等訪問支援」という枠組みを利用するため、行政から補助を受けながら利用することが可能です
※利用料は所得に応じて変動しますが、1回1,000~1,500円を超えることはありません
※新宿区外の場合、スタッフ1名分の往復交通費を請求させていただきますのでご了承ください。

ご利用までの流れ

申し込みフォームへの入力:こちら

担当者が確認後、電話もしくはメールにてご連絡し、利用日数や訪問目的などを確認いたします。

障害福祉サービス受給者証 申請・取得

保育所等訪問支援をご利用頂く際は、受給者証を申請するための手続きを行う必要があります。
※放課後等デイサービスの受給者証とは別に取得する必要があります

<取得の流れ>
1.希望事業所より空き枠案内を受け、基本的な利用曜日・時間・利用内容を決定する。
2.お住まいの自治体に、「保育所等訪問支援」利用の申請を行う。(申請の流れについて詳しくはこちらをご参照ください)
3.受給者証の取得ができ次第、受給日数と受給開始日を事業所に連絡する。

ご利用契約

保護者様にTEENS新宿までお越しいただき、児童発達管理責任者より契約手続・重要事項説明(30~45分程度)をいたします。ご契約後、利用開始となります。
※原則として契約手続は平日にのみ実施しています。
※契約手続と併せてお子様の状況や希望する支援内容についてのお話を伺います。

先生・保護者の方へ

TEENS訪問サービスでは、お子さん自身や親御様からお話しを伺ったりお子さんの様子を拝見させていただき、まずは「何に困っているのか」、「どんな配慮があると過ごしやすくなるのか」などを明らかにします。そのうえで、先生との面談をさせていただき、ご本人の要望を学校で実現可能な方法で叶えられるよう、具体的方法を提案しながら、実際の導入へ移っていきます。導入後もTEENSスタッフが責任をもって経過を見守り、必要に応じてフォローいたします。

学校で学ぶことには、お子さんにどんな力を身につけさせたいのか、お子さんのどんな力を見たいのか、それぞれ目的があると思います。その本来の目的に到達するまえに、発達障害のお子さんたちが壁にぶつかってしまうことがないよう、サポートしたいというのが私たちのミッションです。

例えば、感想文を書くのは「自分の感じたことを文章にする」ということが目的だとします。字を書くことが苦手なお子さんは、「感じていることはあるのに、字が書けないから感想文を書くことができない」という状態に陥ってしまうのです。そこで、タブレットやPCを使うことで、自分の感じたことを感想文という形にすることができるようになります。合理的配慮を求めることは「特別扱いを受ける」ということではなく、本来の目的に応じた教育をうけるため、フェアな環境でお子さんの力を発揮するための準備だといえます。TEENS訪問サービスでは、学校で学ぶことの本来の目的をおさえながら、苦手な部分を補うための方法を一緒に考えていきます。

▶合理的配慮とは?

こちらもご参照ください:発達障害 小中高生のための「合理的配慮」教室

合理的配慮とは、ハンディキャップのある人たちの要望を受けて、社会の中にあるバリアをとりのぞくことを言います。困り感を持つ人に「自分がこれが苦手なのでこう配慮してほしい」という発信をしてもらい、それに対して各機関が対応できるかを考えましょう、という概念です。ただし、ニーズを伝えたとしてもすべてが受け入れられるとは限りません。「過重な負担」がない限りにおいて、配慮が認められることになっています。

TEENS訪問サービスでは、配慮を受けることを「特別扱い」、「ズルいこと」ととらえるのではなく、「フェアな環境で学ぶための工夫」なのだという理解を広め、お子さん一人ひとりが必要な配慮を受けながら、本来の力を発揮し、のびのびと過ごせる環境をつくっていきたいと思っています。

ページトップへ