TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMEスタッフブログカラオケの“暗黙のルール”を学ぶ

カラオケの“暗黙のルール”を学ぶ

2014年9月2日

TEENS新宿スタッフの野田です。

TEENS新宿では8月23日(土)・24日(日)に、夏休みイベントを行いました。その名も″カラオケTEENS”。今回はそのときの様子についてお伝えします。

このイベントの大きな目的は、「カラオケの暗黙のルールを学ぶ」ということでした。

写真は、しおりに記載してあるTEENS版カラオケルールの一部です。こんなことを頭に入れて、みんなでカラオケに臨みました。当日は、カラオケ初参加で緊張しているお子さんもいれば、自分の歌いたい曲をリストにして持ってくるお子さんもいて、どのお子さんも気合十分な表情がうかがえました。

カラオケでは、ゆずや嵐などのj-popやアニメソング、中にはビートルズの曲を熱唱するお子さんもいました。それぞれの個性が光り、とても面白かったです。

『巨人の星』を熱唱するお子さんも

途中カラオケルームでは、こんな場面がありました。

歌おうか歌わないか、迷っているA君。そんな様子を見て隣にいたB君は「歌いなよ」と言い、一緒に歌う曲を選びました。A君の歌う順番になるとB君は「A君が歌うよ!」とみんなにも声をかけ、全員でその曲を楽しみ、盛り上がることができました。

普段のお仕事体験や学習支援では見ることのできなかった表情とお子さんたちの“気配り”と“優しさ”を知り、プチ感動した2日間となりました。

ページトップへ