TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMEスタッフブログ発達障害 小中高生の夏期講習 | 算数・数学 文章題攻略講座

スタッフブログ

2018年6月28日

発達障害 小中高生の夏期講習 | 算数・数学 文章題攻略講座~コツをつかめば怖くない!文章題に挑む3日間~

TEENSの飯島です。今回ご紹介するのは、夏期講習第3弾、「算数・数学 文章題攻略講座」です。

◆◆発達障害の小中高生 夏期講習紹介シリーズ◆◆
先進的な特例子会社を見学できる!実践的キャリア教育講座
上手に援助要請できるようになるために 発達障害の子のための発達障害講座
ディスレクシア・ASDの子におすすめ!読書感想文講座
ビジュアル化教材で文章題に挑む!算数・数学 文章題攻略講座

発達障害の子は文章題が苦手? 言葉と数式が繋がりにくい

 

計算はできるけど、文章問題は見たくもない!という子。発達障害のあるなしに関わらず、少なくないはずです。

TEENSには3桁×3桁の計算は一瞬でできるのに、テストの後半は真っ白…という中学生のお子さんがいます。計算することは大好きなのに、数学はいつも赤点…という難儀な少年です。

文章題苦手君によくあるのは、作業としての計算は得意でもその意味理解ができていない状態です。「リンゴを二個ずつ3人に配りました」という言葉と「2×3」は同じ意味合いを持ちますが、そこの繋がりが呑み込めていないままになっていると危険です。文章を読んで言意味理解をすることに苦手さがあるタイプの発達障害の子は、単純に計算は公式として、文章題はパターンとしてやり方を覚えてしまうため学年を重ねるごとに徐々に苦しくなっていきます。

問題の内容を具体的にイメージしてから計算式を組み立てる

大切なのは、言語を具体的にイメージし、それを計算式に繋げること。「リンゴを二個ずつ3人に配りました」イコール「2×3」という認識を、納得感をもって理解していくことです。

そのためには文章題を具体化・視覚化していく必要があります。TEENSの夏期講習「算数・数学 文章題攻略講座」では、算数・数学の文章題をこれでもか…!というくらいスモールステップに分解したうえで、文章題をビジュアル化した教材を使いながら問題に取り組みます。

文章題1問につき10ステップ以上に分解します

 

例題を確認した後は、類似問題に取り組んで理解度を確認。わかったつもり、で終わらないようにその日のうちにテストします。

こうすることで、読字に苦手意識のあるLD(学習障害・ディスレクシア)傾向のお子さんも、不正解への恐怖心が強いASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー)傾向のお子さんも安心して勉強に向かうことができ、驚くほどスルスルと解き始めたりします。

発達障害の子のための 算数・数学 文章題攻略講座

実際の学年の内容でご不安がある場合は、別の学年のコースにお申込みいただくことも可能です。その際はご相談ください。

  • 日程:7/31(火)-8/2(木)
  • 時間
    • 小学校低学年コース:10:00-11:30
    • 小学校高学年コース:12:30-14:00
    • 中学生以上コース :14:15-15:45
  • 対象:発達凸凹のある小中高生
  • 場所
    • 東京会場:Kaien代々木(東京都渋谷区代々木1-4-1 ユニゾ代々木一丁目ビル 1階 地図) 
    • 神奈川会場:Kaien川崎(川崎市川崎区小川町14-19 浜屋八秀ビル2階 地図
  • 参加費:15,000円(税別)
  • 定員 :5名程度 / 各会場・コース
  • お申込:こちら
  • お問合せ:teens@teensmoon.com

◆◆発達障害の小中高生 夏期講習紹介シリーズ◆◆
先進的な特例子会社を見学できる!実践的キャリア教育講座
上手に援助要請できるようになるために 発達障害の子のための発達障害講座
ディスレクシア・ASDの子におすすめ!読書感想文講座
ビジュアル化教材で文章題に挑む!算数・数学 文章題攻略講座

ページトップへ