TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMEスタッフブログ発達障害のある子どものための進路相談 その②

スタッフブログ

2017年5月26日

発達障害のある子どものための進路相談 その②中学受験という選択

 TEENSの田生です。TEENSでは2017年6月10日(土)に、第3回「発達凸凹があるお子さんのための合同学校説明会」を実施します。おかげさまで定員を超えるお申し込みをいただき、現在キャンセル待ちとなっております。改めて関心の高さや、「我が子にあった進学先を探したい」という保護者様の強い思いを感じているところです。

 イベントに合わせて『発達障害のある子どものための進路相談のシリーズ』をお送りしています。シリーズ1回目では『通常学級・通級・特別支援学級・通級指導教室の違いと学校・学級を選ぶときのポイント』をご紹介しました。シリーズ2回目の今回は発達障害のあるお子様にとっての中学受験という選択についてポイントをお伝えします。

中学受験を考えるきっかけとは?

 TEENSに通うお子さんには、中学受験を視野に入れて学習をしている方も一定数いらっしゃいます。

 必ずしも中学受験をすると確定しているわけではなく、「今通っている小学校では素晴らしい支援体制に恵まれている」「地元の公立中学でも配慮は受けられそうだ」という方もいらっしゃいます。一方で、今が安定していたとしても、今後何らかの要因によって、うまく環境の変化になじめず不登校になっている可能性もあります。つまり、その時にならないとわからないのですが、中学受験の準備をしながら、同時進行で地元の公立中学の情報も集め、いざというときに選ぶことが出来るように準備をしているというご意見も聞かれます。

中学受験のメリット・デメリット

 中学受験を考えた方・経験した方のお声としては以下のようなご意見があります。

  • 子どもが勉強に興味を示していて、やり方次第では勉強が楽しめる。
  • 得意なことを伸ばしてやりたい。
  • 受験勉強を通して学力を伸ばしたい。勉強ができるからうまく生きて行けるわけではないけれど、特技の一つとして役立てることは出来る。
  • お子さんが周りの環境に左右されやすい。周りががんばる環境ならば負けず嫌いが高じてがんばることができる。
  • 多動で常に落ち着かないため、何かやることを提案する方が落ち着く。何か目標を持ってがんばることがうちの子には必要。
  • 子どもは興味の対象が同級生と違いすぎることが人付き合いの壁になっていて、同じように勉強すること、知識を得ることに興味を持つ人の中にいることで自分らしく振る舞える可能性が大きい。
  • うちの子は、やられても何も言い返さないことから、やんちゃな子供のターゲットにされやすい。中学になるとそういう子が周りに増える可能性が大きく、自分で助けを求めることが苦手なうちの子には厳しいのではないか。

 このように中学受験に向けて前向きな声がある一方で、中学受験という選択は、発達凸凹を持つ全てのお子さんにお勧めできるものではない、と言えると思います。中学受験を目指すことでお子さんにかかる負荷、必要なスキル、それを乗り越えた後のメリット、お子さん本人の意思の大切さ…様々なことで迷われる親御さんも多いかと思います。一定以上の学力、集団授業についていける力、忍耐力、高いモチベーションなどが必要になってくるためです。

お子さんの意思も大切にした選択を

 お子さん本人の意思も大切です。なんにでも興味を持つお子さんの場合、親御さんが道を示してあげただけでやる気になってくれることもあるでしょう。目標があることで学校生活へのモチベーションが上がるなどのメリットも期待できます。一方で、受験勉強のストレスなどに耐えられるかどうか、一度ご本人の意思と覚悟を確認する必要があります。

 どちらにしても、お子さんたちが長い時間を過ごす学校が、自分の居場所を確保できる場所であることが一番大切なのではないかと思います。正直なところ、入ってみないとわからないことだらけですが、学習自体は続けながら、ご本人の力を引き出せる環境を選んでいけると良いのではと思っています。

大切なのは「自分にもできる」という成功体験

 勉強が出来るから、生きやすくなるかと言えばイコールではありません。ただ、勉強に限らず、自信の持てる何かがあるということは、お子さんの自己肯定感に大きく役立ちます。人より天才的な何かでなくとも、好きなこと、得意なことを見つけて、伸ばすことが出来れば、それがいろいろな面でプラスに作用するのではないかと思います。

 次回は、通信制高校・通信制サポート校という選択についてお話ししたいと思います。

■ 関連リンク

ページトップへ