TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMEニュースレター放課後等デイサービスも完全オンライン化 ~利用者も支援者も在宅からアクセス中~

放課後等デイサービスも完全オンライン化 ~利用者も支援者も在宅からアクセス中~2020年4月号

休校要請が出てから1カ月以上が経過しました。

これまで障害福祉の分野では、大人向けのサービスでは一部オンラインでの支援も認められていましたが児童分野では追いついておらず…。しかし、なんと今回の休校要請を受けて在宅のサポートが認められるようになりました。

そこで、TEENSでは3月からゆるりゆるりオンラインのセッションを開始。初日の参加者は4名でしたが、4/10時点ではすべてのセッションをオンライン化、1日に80人近くの小中高生にご利用いただいています。

4月10日現在のサービスごとの現状を簡単にお伝えします。

TEENSスクール | 平日の個別セッション

自習のためと『教室』と、1対1で質問や相談のできる『個室』、大勢で集まって楽しむ『講堂』を自由に行き来しながら、自分のペースで学習にとりくみます。

お仕事体験テレワーク | 週末の集団セッション

オンライン会議や事務作業、プログラミングなどにチャレンジしながら、在宅ワークに必要なのスキルを磨くお仕事体験プログラムです。

TEENSが開発協力しているVRによる療育 感染防止策からも注目高まる

TEENSが開発に協力し全国で初めて導入をした発達障害児者向けの療育VR<emou(エモウ)>。感染症により大きく社会が変遷する時だからこそ、ICTなどを活用し支援の質をより高めるため、当社のノウハウを更に活用していきたいと思います。

この春の緊急経済対策として障害福祉分野で様々な施策が展開されそうですが、特に感染症拡大の中でも在宅で効果を発揮しうる支援体制としてVRやICTが「障害福祉サービスにおけるテレワークなど導入支援事業」として注目されています。

福祉事業の経営層で サービスのオンライン化を希望する方へ

当社の取り組みにつき、各方面からお問い合わせをいただいています。特に福祉事業者の方で在宅化に取り組むことを希望されたり、当社プログラムの活用にご関心のあったりされる福祉事業を運営される方は下記フォームからお問い合わせください。

フランチャイズ・パートナー事前登録: https://forms.gle/soBAUtM1SMF41LZm6

ニュースレター登録TEENSからの様々な最新情報を
毎月1回配信しています。
ページトップへ