TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOMEお仕事体験専門コース クリエイティブ

専門コース クリエイティブ

尖った専門性を磨いてテクノロジーを武器にする

専門コースクリエイティブでは、ScratchやMinecraftなどのツールを使ってプログラミングの基礎的概念を楽しみながら・視覚的に学ぶとともに、仕事に必要な心得を身につけていきます。

プログラム内容紹介 
対象のお子様
ご利用をご検討の際には
よくあるご質問

プログラム内容 | プログラミングスキルだけでなく発想力と表現力を育む

専門コースクリエイティブでは、プログラミングスキルの習得だけでなく、発想力や共創力、自分の想いや考えを表現する力を育んでいきます。

プログラムの流れ

プログラムのステップは大きくわけて5段階。マニュアルや解説動画を参考にしながら、一方的に教えられるだけではなく”考えながらITを使いこなす”スキルを養っていきます。

ヒアリング 「小学校低学年の男の子向けのゲームを作成してほしい」…など、お客様のオーダーの聞き取りからスタート。
企画会議 ペルソナをより具体的に設定して、「お客様に感動してもらえるようなゲーム」を目指してアイデアを出し合い、企画書にまとめます。
制作 企画書にそってプログラムを構築していきます。わかりやすいマニュアルを用意しているため、慣れていない子も安心して参加することができます。
ブラッシュアップ 元ゲーム開発エンジニアのスタッフから、アドバイスを受けて改善をしていきます。
プレゼンテーション それぞれが作ったゲームで遊び、工夫したポイントを紹介したりお互いに評価しあいます。最後にはテレビ会議システムを使ってTEENS全拠点を繋ぎ、開発部長から「優秀賞」「技術賞」などを授与し、子どもたちのモチベーションをアップします。
使用するソフト

主にScratchやMinecraftの二種類を使用。子どもたちにとって親しみやすく、夢中になれるようなソフトを使用しながら専門性を高めていきます。

 

作成例 | TEENS生が作った”商品”をご紹介します

▼TEENS歴2年 中学生のお子様の制作物
※スマートフォンからは操作できない場合がございます

 

対象のお子様

専門コースクリエイティブは発達障害のある小学生から高校生のお子様までご利用いただけます。

ただしプログラムの特質上、以下二点を満たす方へご利用をおすすめしています。まずは体験セッションにご参加ください。

  • クリックするなどのマウス使った基本的な動作ができる方・ローマ字表の参照がなくともタイピングを行うことができるお子様
  • ITやゲームへの興味関心の強いお子様

※タイピングスキルから身につけたい場合には、学習支援でタイピング練習に取り組むことをおすすめします。

ご利用のご検討の際には 

ご利用までの流れ 

TEENSのご利用にあたっては
必ず体験セッションを
お受けいただく必要があります。

ご利用説明会・体験セッション 申し込み

 

よくあるご質問

Q.タイピングができなくてもプログラムに参加することはできますか?
A.ローマ字の読みとりと打ち込み、ゆっくりでも両手を使ったタイピングをできる方が対象のプログラムとなっています。
タイピングスキルから身につけたい場合には、学習支援でタイピング練習に取り組むことをおすすめします。

Q.いつ、どこで受けられますか?
A.すべてのTEENS教室で、第2・4土曜日午後(14:00~15:50)に実施しています。

関連ページへのリンク

ページトップへ