TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOME【図表でわかる!】発達障害【図表でわかる!】発達障害 × 偏食 | わがままではなく体質. 理由と対応方法を解説します

【図表でわかる!】発達障害 × 偏食 | わがままではなく体質. 理由と対応方法を解説します

“発達障害”にまつわる情報を3分程度で読める文章と1枚の図表にまとめてお届けします。

今回は「発達障害 × 偏食」についてご紹介します。

図表でわかる!発達障害シリーズ一覧

発達障害と偏食の関係 その理由は?

少し古い調査ですが、110人のASD児を調査したところ、半数以上が偏食を示したという研究結果があります。実際、多くの発達障害のお子さんや大人の方と接していても、通常の好き嫌いの範囲ではおさまらないような偏食傾向の強い方は多くいます。

では、どうして偏食が起きるのでしょうか?代表的なふたつの理由をご紹介します。

感覚過敏

以下、一例をあげます。

  • 口腔内の感覚が過敏…「コロッケの衣が棘のように痛い」「しいたけやナスを噛んだ感触が気持ち悪い」など
  • 聴覚が過敏…「物を噛む音が気持ち悪くて耐えられない」など
  • 嗅覚が過敏…「マヨネーズなど特定の匂いがするものが食べられない」など

感覚の鋭さ故に、通常の人には感じられない敏感さ・繊細さが強い方は偏食になりやすい傾向があります。

想像の特異性

「初めて見る食材・料理は食べられない」「赤い食べ物は気持ちが悪い」など想像の特異性からくる”こだわり”から生理的に食べられない方もいます。

こちらの理由は感覚過敏よりも理解されづらく、単なる思い込み・わがままと捉えられてしまう場合がありますが、それは間違いです。

例えば、昆虫食が苦手な方をイメージしてみてください。昆虫を食べるということに関して苦手な方も多いと思いますが、それは果たして「思い込み・わがまま」でしょうか?生理的に受け付けられるかどうかは、個人によって異なるという考え方が一般的かと思います。

ASDの方のこだわりは「病気」ではなく、個人とって大事な価値観・慣習だということを理解しましょう。

偏食とはどう向き合っていけばいい?

偏食に関して、子どものうちはご本人以上に周囲の大人がどのように対応していくかが重要になるでしょう。

『偏食はダメ』という考え方から見直そう

バランスよく栄養をとってほしい、食べ物を粗末にしてほしくない…。真剣に子育てをしているからこそ、偏食に対して不安を感じている親御さんは多いはずです。

しかし、偏食は食品アレルギー同様、体質の問題であることも多く、無理して食べると拒絶反応から嘔吐をしたり、トラウマになって食事自体の嫌悪感が増すリスクもあります。

満点の栄養バランスを目指す必要はありません。お子さんの偏食で悩んだときには、まず「本当にその食材・料理を食べられないとダメなのか?別の方法で解決できないか?」を見つめなおしてみましょう。

「興味がわいたら少しずつ」のステップで

一方で、感覚の過敏さやこだわりは年齢とともに和らいでいく方も多いです。偏食が起きている理由を探って、触感の問題であれば切り方を変えてみたり、未知のモノへの恐怖心であれば一緒に調理をしてみたり…、ご本人が興味をもって「試してみようかな?」と思えるような働きかけができると良いでしょう。

 

参考:発達障害を有する子どもの「食」の困難に関する実証的研究―発達障害の本人・当事者のニーズ調査から―

※※図の使用について※※
発達障害啓発目的・非商用利用の場合に限り、引用・転載を許可します。その際には、引用元として本ページ名を明示してください。なお、著作権はTEENSが所有しており、図の二次利用・改変は禁止とします。商用利用を希望される場合は(teens@teensmoon.com)までご連絡ください。

「発達障害×思春期」の領域で講演、研修を承っています。オンライン・オフラインともに対応可。ご希望の方はこちら

監修 : 宮尾 益知 (医学博士)
東京生まれ。徳島大学医学部卒業、東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックリンク を開院。
ページトップへ