TEENS

発達障害のある小中高生向け 放課後等デイサービス
MENU
HOME診断別・年齢別の特徴まとめ高校生の発達障害

高校生の発達障害

こちらのページでは、高校生の発達障害児が示す特徴と対応方法を解説していきます。

【学校選びのポイントは?】発達障害のある生徒のための進路相談・学校説明会を開催

高校生への対応ポイント

  • 進学先の決定には、情報収集が重要
  • 支援を求める相手には、本人の了解のもと障害をオープンに
  • 学習・生活共に引き続きサポートを

high_high高校進学は、これまで以上に大きな決断をしなくてはなりません。まず、一般校における特別支援学級や通級がなくなります。また、特別支援教育の体制自体がまだ整備段階にあり、適切な配慮を求められる学校は小・中学校よりも少ないのが現状です。つまり公立の教育では、いくつかの例外を除き、障害児・健常児の境界がくっきり分けられてしまう印象があります。しかし一方で、先進的に発達障害児に対するサポート体制を強化している私立の学校・フリースクールもあり、むしろ小中に比べるとお子さんに合わせた選択肢は広がります。義務教育が終わり将来について具体的に考えていかなければいけないこの時期を、適切な環境で過ごせるよう慎重に進路を選びましょう。

併せて考えなければならないのは、将来のことです。社会に出た時のことを想定して、「何がしたいのか・何ができるのか・何ができないのか」を把握していく必要があります。発達障害児は自身のことを客観的に捉えることを苦手としています。また特に女の子はこの時期になると周囲とのズレを感じ始め、発達障害以外の精神障害などが見られるケースもあります。お子様自身が肯定的に自己理解を深め、特性にあった将来像を描けるよう周囲の大人がサポートしていきましょう。

高校進学にあたっては、どのような進路が考えられるでしょうか。

基本的な高校の種類は以下の通りになります。

  • 一般校(全日制)
      • 特別支援教育の動きは始まったばかり。入学後必要な支援を受けるためには、事前のすり合わせが必要。
      • 本人にあった学力レベルの学校が選べる。
  • 定時制学校
      • 全日制に比べ授業時間が短いため、好きな活動に時間を使うことができる。
      • 幅広い世代が通っているため、向き不向きがある。
  • 通信制学校
      • 対人関係が苦手なお子様でも、自分のペースで学ぶことができる。
      • 自律して学習を進めるために、保護者のサポートが必要。
  • チャレンジスクール(クリエイティブスクール/アクティブスクール/エンカレッジスクール 等)
      • 中学校までに、つまづきのあったお子様にを対象に、学習機会を与えるための学校。
      • 全ての地域に設置されているわけではない。また名称も地域によって異なる。
      • 発達障害児の支援を実施しているとは限らないが、単位制の導入など自分のペースで進められる制度がある。
  • 特別支援学校
      • 専門的な支援が期待できる。職業実習が多く、卒業後の就労に強い。
      • 盲学校や聾学校といったように一部の障害を対象にしている場合もあるため、確認が必要。
  • 高等専門学校(高専)
      • 高等学校と専門学校を一体化させた学校。修業期間は高等課程3年と専門課程2年の計5年。卒業後大学3年生への編入学が可能。
      • 専門的な学習に取り組めることと環境変化が少ないことが魅力。
  • 専修学校(高等課程・一般課程)
      • 実務面を重視した教育を行っている学校。
      • 基本的には高卒資格はとれないが、一定の条件を満たせれば、高等学校卒業生と同等の扱いを受けることができる。

中学までは特別支援学級でした。高校は特別支援学校にしかすすめないのでしょうか。

中学までは特別支援学級で、高校から一般校という例も十分にありえます。近年では発達障害児の受け入れを積極的に行っている学校もあるため、十分に調査してから選択ができるとよいでしょう。また、どのような環境が最適かは、お子様によって異なります。早く進路を決めたいお子様、個別の支援を受けたいお子様、自由な環境を好むお子様など、様々です。本人のニーズを汲み取りながら決定しましょう。

高校の雰囲気や支援体制が分からず、進路選択が難しいです。どのように情報を探せばよいのでしょうか。

基本的な学校の制度や情報は、ウェブサイトや書籍・学校や関連機関の窓口で教えてもらえますが、実際の校内の雰囲気など詳しい情報は外からだとなかなか見えずらいものです。方法としては、入試説明会だけでなく文化祭などを活用していけるとよいでしょう。また、学校によっては授業見学を実施しているところもあります。そのような機会を活かし、お子様にとって過ごしやすい環境かを見極めていきましょう。なお、必ず保護者の方だけではなくお子様自身も行って確かめることがポイントです。

親の会などを利用した保護者同士の口コミも貴重な情報源となります。現在は全国に様々な親の会が活発に活動しています。お住まいの地域の親の会に参加し、会員同士で情報共有ができるとよいでしょう。

大人数で一斉に試験を受けるような緊張感の高い環境が苦手です。受験時に配慮してもらうことはできるのでしょうか。

地域や学校によって異なりますが、受験時に配慮をしてくれる場合はあります。希望する場合は直接受験先の学校に相談するとよいでしょう。学校現場で判断ができない場合は、学校から教育委員会に確認をとって判断されます。配慮が受けられるのは以下のような例があります。

  • 別室受験
  • 問題を読む際の補助具の使用
  • 事前の会場下見
  • 口頭指示を板書してもらう
  • 問題用紙の拡大コピー
  • 面接をグループから個人に変更

一般校に進学する予定です。障害についてオープンにした方がよいでしょうか。

基本的には支援や配慮を求めたい相手にはオープンにすることをおすすめします。オープンにするタイミングとしては(1)入学前(2)合格発表後(3)入学後必要に応じて、の3通りが考えられます。いずれにせよ、本人が納得したうえで情報を共有できるようにしていきましょう。

オープンにする対象はご本人と保護者の方の判断に応じて変えていく必要があります。まずは学校の支援担当者と担当教諭に対して説明をするのが一般的ですが、必要に応じてその他教職員や同級生にも話をしてもよいでしょう。そして、どこまで理解してほしいのかを考えた上で、相手によって伝える内容を調整しましょう。

一般校に進学をする予定です。発達障害について専門知識をもっている先生がいないのではと不安があります。学校内での相談は誰にすればよいのでしょうか。

まずは担任教諭が一番相談がしやすいでしょう。専門知識をもっている人としては養護教諭(いわゆる保健室の先生)が考えられます。また、学校によってはスクールカウンセラーや特別支援コーディネーターと呼ばれる心理に精通した支援者に相談をすることができます。

平成21年から教員免許更新制度が始まり、教員は10年に一度免許更新のための講習を受けることが義務となりました。その中に発達障害に関する内容も盛り込まれており、全教師が発達障害の基本的な知識を知る機会がもてるようになっています。

高校に入ってから成績不良で、本人もやる気を失ってこのままだと進級ができない恐れがあります。どのような対応をしていけばよいでしょうか。

高校に上がると教科や範囲も広がるため学習の成果が出せず、進級が難しくなる場合があります。こういったお子様は学習の理解以前に、やるべきことの把握ができていないことが多いです。そのため、どの教科のどの内容を優先して勉強してよいかが分からず、教科書を丸暗記すると言った効率の悪い学習方法になりがちです。まずは試験範囲を把握し、どのような優先順位で勉強するかの計画を立てるなどの対策を一緒に考えてあげられるとよいでしょう。

しかし、無理をして追いつめられてしまうことが一番懸念されます。場合によっては留年や転校も視野に入れてもよいでしょう。発達障害のお子様はゆっくりと成長をします。ご本人に合う居場所をみつけるために、柔軟に考えていきましょう。その際に気をつけなければならないのは、ご本人の自尊心の低下をできる限り防ぐことです。テストの点が全てではないこと、自分のペースで成長すればよいことを伝えてあげましょう。

また、こういった状況に陥らないためにも高校選びは非常に重要になります。背伸びをしてギリギリで入学できるレベルの学校に進学すると、入学後苦しくなるリスクが高まります。努力では解決できない部分があることを理解した上で、安定して過ごせる環境を選びましょう。

参考URL
その他のページ
ページトップへ